logo

心不全予防のためのWeb講座

心不全予防のためのWeb講座について

心不全予防のためのWeb講座は、メディカルスタッフ、及び実地医家に対して、知識の提供を目的としたEラーニングです。
どなたでも無料でお申込みいただけます。

「受講登録はこちら」をクリック、またはこちらよりお申込みください。

講座紹介

講座1
心不全の病態と診断

宮田 昌明

鹿児島大学
医学部保健学科
地域包括看護学講座

本講義「心不全の病態と診断」では、心不全の定義と現状、心不全の病態(レニン・アンジオテンシン系とナトリウム利尿ペプチド)、心不全の分類、心不全の診断(胸部レントゲン、心エコー、BNP、NT-proBNP)の項目に分けて、多職種チーム医療を担うメディカルスタッフの皆さんに知っておいてもらいたい基本的なことから最新のガイドラインの情報まで、わかりやすく解説している。

講座2
心不全の薬物治療

大石 充

鹿児島大学
心臓血管・高血圧内科学

急性心不全と慢性心不全の治療は大きく異なり、急性心不全では病態を把握したうえでの血行動態安定化とうっ血の解除が優先される。慢性心不全は予後改善が治療目標であり、ACE阻害薬(忍容性がない場合にはARB)+β遮断薬およびMRAを十分に使用する標準治療が推奨されている。近年ではサクビトルバルサルタンやSGLT-2阻害薬などの新たな予後改善薬が登場しており、治療の選択肢が広がっている。

講座3
心不全の非薬物治療

波多野 将

東京大学大学院
医学系研究科
循環器内科学

本講義では心不全の非薬物治療として、大動脈内バルーンポンピング、ECMO、Impella、体外式/植込型補助人工心臓などについて解説する。実際の施行は外科にお願いする内容も多く含まれるが、適応について判断をするのは内科医であり、そのためにはこれらの治療についても最低限の知識を有している必要がある。本講義が先生方の診療の一助になれば幸いである。

講座4
心不全の原因疾患:
虚血性心疾患の病態と診断・治療

竹内 利治

旭川医科大学
内科学講座

循環・呼吸・神経病態内科学分野

心不全の原因として、虚血性心疾患は最も考慮すべき重要な疾患である。高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満、喫煙などがリスクとなり、動脈硬化性プラークの形成により狭心症や心筋梗塞が発症、最終的に心不全に至ることがある。診断に用いられるさまざまなイメージング法、最近の治療(薬物治療、冠動脈インターベンション、冠動脈バイパス術など)について概説する。

講座5
心不全の原因疾患:
高血圧の病態と診断

斎藤 重幸

札幌医科大学
保健医療学部看護学科
基礎臨床講座内科学分野

「心不全の原因疾患:高血圧の病態と診断」では高血圧の病態生理と心不全発症のかかわる事象について概説した。本講義ではまず、高血圧の成因として体液量、体液性因子、交感神経系、血管壁などの関与と、高血圧時の心不全進展における血行動態の異常について説明した。次にJSH2019より血圧測定と高血圧診断手順などを示し、心不全予防の血圧管理について述べた。

講座6
心不全の原因疾患:
高血圧の治療と減塩のポイント

勝谷 友宏

医療法人社団 勝谷医院

心不全のあらゆるステージで高血圧はリスクとなる。高血圧は加齢と共に増加する最も頻度の高い疾患のため、心不全を予防し、健康寿命を伸ばすためには、家庭血圧を測り、減塩を指導し、降圧目標を達成することが、最も費用対効果に優れた方法となる。本講義では、血圧の正しい測り方、記録の方法、血圧値の分類、減塩指導のポイントからモチベーションを高め継続させるコツまで、多職種で取り組む心不全の予防、治療について、降圧薬の特徴や副作用まで盛り込みながら、わかりやすく概説する。

講座7
心不全予防のための
脂質異常症管理のポイント

藤岡 由夫

神戸学院大学
栄養学部

心不全の原因において最も多い基本疾患は虚血性心疾患であり、血圧管理における食塩摂取のコントロールと同様に、血清脂質の管理とそのための食事療法が重要である。ただ単に摂取量を減らすのではなく、脂質代謝の仕組みを正しく理解し、動脈硬化予防のために適切な食事を目指す基本方針を解説する。

講座8
心不全予防のための
糖尿病管理のポイント

野出 孝一

佐賀大学
医学部循環器内科

心不全は高血圧合併症の重要な疾患である。心不全のもう一つ重要な危険因子である糖尿病の管理・治療について概説する。

講座9
心不全予防のための メタボリック
シンドローム管理のポイント

増田 大作

りんくう総合医療センター

りんくうウェルネスケア
研究センター

心不全に影響を与える因子として肥満があり、我が国では男性女性とも増加しており、特に内臓脂肪が増加した肥満の合併症としてのメタボリックシンドローム患者が増加している。肥満やメタボリックシンドロームでは動脈硬化性疾患発症リスク因子である高血圧、脂質異常、糖尿病などが増加するのみならず、心不全の増加をきたし健康寿命の減少につながる。治療としては適切な体重の維持や身体活動の増加が重要である。

講座10
心不全予防のための
睡眠時無呼吸症候群管理のポイント

義久 精臣

福島県立医科大学
循環器内科学講座

睡眠時無呼吸症候群(SAS)による低酸素血症、胸腔内圧変動、交感神経活性化などは高血圧、不整脈、心血管疾患、心不全の発症および増悪因子となる。SASは二次性高血圧、治療抵抗性高血圧の主要な原因であるものの、持続気道陽圧(CPAP)療法による降圧効果には患者ごとの個人差も大きく、エビデンスは十分とは言えない。本講義ではSASの診断および治療のポイント、SASと高血圧の関係などについて解説する。

講座11
心不全予防のための
慢性腎臓病管理のポイント

岩嶋 義雄

獨協医科大学
腎臓・高血圧内科

慢性腎臓病(CKD)を含む腎疾患は心不全発症の重要な危険因子であり、腎臓が心不全の病態の発症や進展に果たす役割は大きいと考えられる。一方で、心機能低下に伴う低血圧や心拍出量の低下は、腎血流量を低下させ、腎機能を悪化させる。循環器疾患と腎疾患には密接な関係があることから、「心腎連関」として注目されている。本講義では、両疾患の関わりと、心不全予防のための慢性腎臓病(CKD)管理のポイントについて解説する。

講座12
心不全予防のための
高尿酸血症管理のポイント

土橋 卓也

社会医療法人
製鉄記念八幡病院

日本痛風・尿酸核酸学会による「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第3版)」では、無症候性高尿酸血症の治療方針について、腎障害、高血圧、虚血性心疾患などの合併症があれば血清尿酸値8.0mg/dL以上で薬物治療を開始するよう提唱している。心不全の主たる基礎疾患である高血圧や虚血性心疾患の発症や予後に高尿酸血症が関与するという報告もあることから、適切な尿酸管理は心不全予防にも重要と言える。

講座13
心不全予防のための
運動療法のノウハウ

東條 美奈子

北里大学
医療衛生学部

心不全の発症・増悪予防のための運動療法について解説する。運動療法の観点から、我が国における心不全増加の現状と、高齢者に多い心不全の特徴とその背景、運動療法の指導を行う前に考えておくべき心不全疾病管理のポイントについて述べる。運動療法について「知っている」から「できるだけ運動するように心がけている」、さらには「毎日の習慣に出来ている」の理想型に向けた行動変容をイメージした受講を期待したい。

講座14
心不全予防のための
禁煙指導のノウハウ

岡山 明

合同会社 生活習慣病
予防研究センター

喫煙は急性心筋梗塞をはじめとする循環器疾患の最大の危険因子の一つであり、禁煙によりリスクが速やかに低下することが知られている。喫煙者に対しては、様々な場で禁煙への働きかけを行うことが望ましい。禁煙に関心がある人には喫煙して困ることや禁煙で得られるメリットについて質問・説明することで、禁煙への関心を更に高めてもらうとよい。意欲がある人には禁煙開始日を決めることも大切なステップとなる。

講座15
在宅医療での心不全の予防と管理

(高齢者施設での管理やACPも含める)

弓野 大

医療法人社団 ゆみの

急増している心不全患者の再入院を抑え、在宅療養を継続していくことは、これからの重要な課題である。心不全の在宅管理のポイントは、1)病期にあわせた適切な医療を提供 2)地域全体での多施設多職種チームでの情報共有 3)多種多様な症状の緩和 4)治療選択が多くある中での共同意思決定支援 5)介護負担増大に伴う家族ケア、療養場所の選択 がポイントとなる。

お問合せ先

特定非営利活動法人 日本高血圧学会
〒113-0033 東京都文京区本郷3-28-8 日内会館2階
TEL:03-6801-9786(9:00~17:30、平日のみ)
MAIL:office@jpnsh.jp

Copyright c The Japanese Society of Hypertension. All Rights Reserved.